TOPPAN Digital|DX note

1990年代からデジタルサービスを提供してきた私たちTOPPANは、2021年にDX推…

TOPPAN Digital|DX note

1990年代からデジタルサービスを提供してきた私たちTOPPANは、2021年にDX推進コンセプトを「Erhoeht-X®/エルへ―トクロス」と命名しました。TOPPAN Digital|DX noteは、エルヘートクロスの取り組みや開発秘話、携わる人の横顔などを発信しています。

マガジン

  • TOPPAN DESIGN magazine

    TOPPANデジタル所属のデザイナーによるマガジンです。社内DX、デザイン組織づくり、プロダクト開発、チームを横断した取り組みなどを発信します。

  • デジタルテクノロジー・レポート

    TOPPANデジタルの技術戦略センターでは、変化する私たちの生活に寄与するデジタル技術を予見・整理しています。ここではその技術について作成したレポートを公開しています。

  • 地域とあゆむ ICT KŌBŌ

    TOPPANデジタルの次世代DX開発部隊「ICT KŌBŌ」での取り組みや働き方などを発信していきます。

TOPPAN DESIGN magazine

TOPPANデジタル所属のデザイナーによるマガジンです。社内DX、デザイン組織づくり、プロダクト開発、チームを横断した取り組みなどを発信します。

くわしく見る
  • 8本

未経験からデザイナーを目指す話 #実践編

こんにちは。TOPPANデジタル見習いデザイナーの樫木です! 知識ほぼ0の未経験からデザイナーを目指し、取り組んでいる内容についてご紹介いたします。 座学編に続き、今回は手を動かして制作物を作る実践編のお話となります。 前回の座学編では、デザインの基礎やそもそも私がデザイナーを目指すことになったきっかけについてまとめているので、本記事と併せて読んでいただけたら嬉しいです! 使用した教材は?デザイナーを目指すにあたって、先輩デザイナーに6ヵ月間の知識習得カリキュラムを組んで

スキ
32

PdM×デザイナー、お隣チームのプロダクト開発を2軸でサポートした話

こんにちは!デザイナーの中森です。 私たちデザインチームが所属するTOPPANデジタルは、全国各地にサテライトオフィスを構えており、その地域ならではの課題や文化に対してソリューションを提供しています。(サテライトオフィスのメンバーが書いたマガジンも、ぜひ読んでいただけると嬉しいです😊) しかしサテライトオフィスは、地元の少数精鋭のエンジニアを中心としたメンバーで構成されているため、デザイナーは所属していません。そのためデザインが必要になった際は、東京にいる私たちがプロダクト開

スキ
60

未経験からデザイナーを目指す話 #座学編

こんにちは、TOPPANデジタル 見習いデザイナーの樫木です。 知識ほぼ0の未経験からデザイナーを目指し、取り組んでいる内容についてご紹介いたします。 デザイナーを目指そうと思ったきっかけは?大学で情報分野を専攻し、新卒でTOPPANに入社して5年、Webサービスのフロントエンド開発や顧客へのセールスサポート対応に携わりデザインにはほとんど関わりがなく、関わったとしても少し触れる程度でした。 そんな中、私の所属するチームにデザイナーが増えてきたことで、デザインを知る機会も

スキ
58

デザイナーによるプロダクトのための壁打ち会〜まちスク™編〜

こんにちは。TOPPANデジタル・UIデザイナーの中森です。 今回は、「デザイナーによるプロダクトのための壁打ち会」第2弾の紹介です!(第1弾の記事『デザイナーによるプロダクトのための壁打ち会〜LOGINECT®編〜』) 壁打ちって何?壁打ちは、誰かに話を聞いてもらいながら考えを整理したり、悩みを発散することで課題解決のヒントを得るための取り組みのことです。エンジニアやPM(プロダクトマネージャー)に「もやもや・悩み」のボールを投げてもらい、デザイナーが壁役として受け止め、

スキ
30

デジタルテクノロジー・レポート

TOPPANデジタルの技術戦略センターでは、変化する私たちの生活に寄与するデジタル技術を予見・整理しています。ここではその技術について作成したレポートを公開しています。

くわしく見る
  • 24本

遊びながら量子コンピュータを理解する!?「量子ゲーム」

量子ゲームとは 量子コンピュータは、量子力学の原理を利用して、通常のコンピュータでは解けない複雑な問題に取り組むことができる革新的な技術です。最近では、テレビや新聞の科学関連のニュース、小説や映画などのSF作品を通じて、量子コンピュータというワードをよく目にするようになりました。これらをきっかけに量子コンピュータに興味を持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、いざ量子コンピュータの世界を調べてみようとするも、専門用語や量子力学の知識を要する高度な概念に圧倒され、途中で挫折

スキ
61

グラフニューラルネットワークとは

 グラフニューラルネットワーク(GNN:Graph Neural Network)は、ノード(点)とエッジ(線)で構成されるグラフを入力データとして、AIの学習・予測をする深層学習モデルです。実世界では、ソーシャルネットワーク、分子構造、交通ネットワークなど、多くのデータがグラフとして表現可能です。GNNは、これらグラフのノード間の関係性やパターンを学習し、ノードやグラフ全体の特徴表現から予測・分類等のタスクを実行します。具体的には、ソーシャルネットワークのユーザーグループ

スキ
10

全方位で世界を記録する「パノラマ技術」とTOPPAN DIGITAL SANDBOX®での実証実験

はじめに Apple社のVision ProやMeta社のMeta Questシリーズなど、VR, MR, ARなどを体験できるXRデバイスが各社から発売され、高い品質でかつ誰でも手軽に体験できるようになってきました。アプリケーションに関しても、UnityやUnrealEngineに代表されるゲームエンジンなどで誰でも開発できるようになってきています。私たちはこれらのデバイスが今後さらに普及し、誰でもどこでも体験できる未来が来ると想像しています。  DX 事業の拡大と新規

スキ
8

企業や個人の秘密を守るゼロ知識証明

ゼロ知識証明概要  ゼロ知識証明とは、情報ネットワークを介して「自分が知っている秘密の情報」を誰にも見せることなく、その情報が「本当であること」を証明することができるやり取りの方法です。  通常、証明のために、何らかの検証を行う場合、情報の通信相手に秘密情報(パスワードなど)を提示する必要があります。この方式においては、技術の発展や応用などにより安全性が高まりつつありますが、秘密情報自体を提示しない方式として、ゼロ知識証明を導入する技術も研究・開発されています。  ゼロ知

スキ
23

地域とあゆむ ICT KŌBŌ

TOPPANデジタルの次世代DX開発部隊「ICT KŌBŌ」での取り組みや働き方などを発信していきます。

くわしく見る
  • 23本

TOPPANが沖縄でスマート水産業に挑むワケ

こんにちは!TOPPANデジタル沖縄サテライトオフィス「ICT KŌBŌ®︎ URUMA」です。今回は、私たちがICT KŌBŌ®︎でスマート水産業の実現に向けて取り組んでいる内容についてご紹介します。 スマート水産業とは?TOPPANがスマート水産業に取り組む背景と事例TOPPANデジタルは、DX開発拠点である「ICT KŌBŌ® URUMA」を2021年6月に沖縄県うるま市に開設し、デジタル技術を活用して地域の課題解決に取り組んでいます。 うるま市の特産品といえば・・

スキ
42

飯綱町から未来のエンジニアを ~ICT KŌBŌ®︎ IIZUNAが行うデジタル教育支援~

こんにちは、ICT KŌBŌ®︎です。 5月の大型連休が明けてはや数週間が過ぎましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 ICT KŌBŌ®︎ IIZUNAのオフィス真横にあるグラウンドには端午の節句の象徴である鯉のぼりがいまでも風で揺らめいており、この時期の過ごしやすい長野の気候を表現してくれています。 聞いた話では端午の節句は子どもの健やかな成長を願う風習だそうですね。 そんなさわやかな空の下から、今回はICT KŌBŌ®︎ IIZUNAより人財育成の取り組みの一つ「デ

スキ
19

【TOPPAN】ICT KŌBŌ®︎ でのインターンシップを紹介します!

はじめにTOPPANデジタル沖縄サテライトオフィス「ICT KŌBŌ®︎ URUMA」です!今回はICT KŌBŌ®︎でのインターンシップについて紹介します。 ICT KŌBŌ®︎インターンシップでは、各地域にある企業、団体が抱える課題の掘り起こしから企画・開発までの流れを体験できるプログラムを実施しています。 本インターンシップに参加することで、各地域の文化や産業への理解を深めながら、デザイン思考に沿った顧客視点でのモノづくりを学ぶことができます。そして私たちICT K

スキ
30

オフィスの中身全部見せちゃいます!ICT KŌBŌ®︎ HAKODATE オフィス大解剖

こんにちは、ICT KŌBŌ®︎です。 ICT KŌBŌ®️ HAKODATEのある北海道函館市は、例年よりも降雪量が少なく、比較的暖かい冬を過ごしています。 ICT KŌBŌ®️ HAKODATEについては、下記の記事でも紹介していますので、ぜひご覧ください。 今回は、ICT KŌBŌ®️ HAKODATEの建物にスポットライトを当てて、ご紹介していきたいと思います。 どんな建物?オフィスとして活用している建物は、なんと築110年の古民家です。こちらのは昔、大洋漁業函

スキ
48