TOPPAN Digital|DX note

1990年代からデジタルサービスを提供してきた私たちTOPPANは、2021年にDX推…

TOPPAN Digital|DX note

1990年代からデジタルサービスを提供してきた私たちTOPPANは、2021年にDX推進コンセプトを「Erhoeht-X®/エルへ―トクロス」と命名しました。TOPPAN Digital|DX noteは、エルヘートクロスの取り組みや開発秘話、携わる人の横顔などを発信しています。

マガジン

  • 地域とあゆむ ICT KŌBŌ

    TOPPANデジタルの次世代DX開発部隊「ICT KŌBŌ」での取り組みや働き方などを発信していきます。

  • デジタルテクノロジー・レポート

    TOPPANデジタルの技術戦略センターでは、変化する私たちの生活に寄与するデジタル技術を予見・整理しています。ここではその技術について作成したレポートを公開しています。

  • TOPPAN DESIGN magazine

    TOPPANデジタル所属のデザイナーによるマガジンです。社内DX、デザイン組織づくり、プロダクト開発、チームを横断した取り組みなどを発信します。

最近の記事

  • 固定された記事

凸版印刷がTOPPANに変わりました。社名から"印刷”がなくなりました。もっともっとDIGITALに強くなります。

明治維新を出発点に、日本が近代化への道を歩みだした19世紀の最後の年、1900年1月、当時最先端の印刷技術である「エルヘート凸版法」を強みに凸版印刷の前身である「凸版印刷合資会社」が誕生しました。それから大地震や戦禍、バブル経済の崩壊など多くの困難を乗り越え、また高度成長期という追い風にものって120年以上の長きに渡り「凸版印刷」という社名で、新しい事業の創造と次世代への投資を進め、成長を続けてきました。日本経済や文化の発展にも少しは貢献できたのでは?と思っています! 凸版

    • ICT KŌBŌ® MIYAJIMAはどんな職場?  私たちの日常をお見せします

      こんにちは。ICT KŌBŌ®です。 ICT KŌBŌ®の第4拠点として、広島県廿日市市にICT KŌBŌ® MIYAJIMAが開設されて1年が経ちました。 現在は7名の社員が在籍しており、地元広島で長年活躍している社員、Uターンをした社員、県外から移住をしてきた社員がいます。まだまだ少数精鋭の拠点ではありますが、各自の得意分野を活かし、日々業務に取り組んでいます。 私たちのオフィスについては下記の記事でもご紹介していますので、ぜひこちらもご覧ください。 今回は、そんな

      • コンピュテーショナルファブリケーション技術による機能性メタマテリアルの研究

         コンピューターによる設計技術と、3Dプリンターをはじめとするデジタル加工機の進化と普及は、製造プロセスの効率化だけでなく、人間とコンピューターが共同で創造する新たな製造技術、コンピュテーショナルファブリケーション(Computational Fabrication)を生み出しました。この技術は、革新的な形状や構造のデザインとその実現を可能にし、それらはメタマテリアル[※1]と呼ばれる人工新素材の開発に応用されています。その適用範囲は急速に拡大しており、当初は建築、航空宇宙

        • AWS re:Invent 2023 参加レポート -後編-

          イントロダクション自己紹介 こんにちは。TOPPANデジタル Webエンジニアの加納です。 普段は主にAI・IoT関係のソリューション開発に携わっており、私の所属するチームで開発を進めている「工場データの見える化ソリューションのe-Platch®」や「センサーデータの収集、見える化サービスのZETADRIVE®」について、各種センサーなどのデジタルデバイス・クラウドインフラ・Webアプリケーションと、幅広いIT技術領域で日々開発を行っています。 本レポートでご紹介するこ

        • 固定された記事

        凸版印刷がTOPPANに変わりました。社名から"印刷”がなくなりました。もっともっとDIGITALに強くなります。

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 地域とあゆむ ICT KŌBŌ
          TOPPAN Digital|DX note
        • デジタルテクノロジー・レポート
          TOPPAN Digital|DX note
        • TOPPAN DESIGN magazine
          TOPPAN Digital|DX note

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          AWS re:Invent 2023 参加レポート -前編-

          イントロダクション自己紹介 こんにちは。TOPPANデジタル Webエンジニアの加納です。 普段は主にAI・IoT関係のソリューション開発に携わっており、私の所属するチームで開発を進めている「工場データの見える化ソリューションのe-Platch®」や「センサーデータの収集、見える化サービスのZETADRIVE®」について、各種センサーなどのデジタルデバイス・クラウドインフラ・Webアプリケーションと、幅広いIT技術領域で日々開発を行っています。 本レポートでご紹介するこ

          AWS re:Invent 2023 参加レポート -前編-

          生まれたまちで働く社員にインタビュー TOPPANデジタル(株) ICT KŌBŌ® ARIAKE

          新年あけましておめでとうございます。 ICT KŌBŌ®です。 今回は、ICT KŌBŌ® ARIAKEの社員をご紹介します! ICT KŌBŌ® ARIAKEは2022年9月にICT KŌBŌ®プロジェクトの第三拠点として福岡県大牟田市に開設しました。 社員4名からのスタートでしたが、少しずつ仲間が増え、現在では8名の精鋭が活躍しています。その中でも、今回は大牟田市で生まれ育ったお二人にフォーカスしたいと思います。まず一人目は地元愛溢れる水城さん、そして二人目がいつも

          生まれたまちで働く社員にインタビュー TOPPANデジタル(株) ICT KŌBŌ® ARIAKE

          デジタル社会での信頼性を向上させるVerifiable Credentials

          概要Verifiable Credentialsとは  Verifiable Credentials(以下、単数形:VC、複数形:VCs)は、あらゆる証明書をデジタル化したもので、「検証可能な資格情報」とも呼ばれます。私たちが保有するあらゆる情報をVCsに変換することで、デジタル社会において信頼性が担保された証明書として活用できます。  W3C(World Wide Web Consortium)という団体がVCsのデータモデルを公開しており、VCsの規格が標準化されてい

          デジタル社会での信頼性を向上させるVerifiable Credentials

          AIでドリフトを自動検知する実証実験をはじめました - TOPPANデジタル(株) ICT KŌBŌ® URUMA

          ハイサイ!ICT KŌBŌ®︎ URUMAです。この度、AIとIoTを活用してドリフト走行を自動で検知する実証実験を開始しました。 プレスリリースはこちらをご覧ください。 本記事では、背景や技術的な要素を詳しくご紹介しますので、最後までお付き合いください! 背景ドリフトについて さて、みなさんは「ドリフト」と聞いてどのような光景を思い浮かべますか? そうですよね!モータースポーツで使われるテクニックとして有名ですよね。私がサーキットでプロのドリフト走行を見たときは、

          AIでドリフトを自動検知する実証実験をはじめました - TOPPANデジタル(株) ICT KŌBŌ® URUMA

          社会の自動化を推進するマルチエージェントシステム

          概要マルチエージェントシステムとは  マルチエージェントシステム (Multi-Agent System、以降MAS) とは、考える主体である「エージェント」が複数存在するシステムです。「考える主体が複数いる」と聞くと、それらがバラバラに考えた時に、システムが全体として正常に動作するか心配になります。MASではエージェントが自律的に動作しつつも、互いに「空気を読んで」行動します。ここでいう「空気を読む」とは各エージェントが他のエージェントとコミュニケーションをしたり、他の

          社会の自動化を推進するマルチエージェントシステム

          デザイナーによるプロダクトのための壁打ち会〜まちスク™編〜

          こんにちは。TOPPANデジタル・UIデザイナーの中森です。 今回は、「デザイナーによるプロダクトのための壁打ち会」第2弾の紹介です!(第1弾の記事『デザイナーによるプロダクトのための壁打ち会〜LOGINECT®編〜』) 壁打ちって何?壁打ちは、誰かに話を聞いてもらいながら考えを整理したり、悩みを発散することで課題解決のヒントを得るための取り組みのことです。エンジニアやPM(プロダクトマネージャー)に「もやもや・悩み」のボールを投げてもらい、デザイナーが壁役として受け止め、

          デザイナーによるプロダクトのための壁打ち会〜まちスク™編〜

          幼馴染が同僚に!? ICT KŌBŌ®️ IIZUNA社員インタビュー

          こんにちは、ICT KŌBŌ®︎です。 ICT KŌBŌ®️ IIZUNAがある長野県飯綱町では、実りの秋が足早に過ぎ去り、朝晩は冬の訪れを感じる今日この頃です。 さて今回は今までと少し毛色を変えて、ICT KŌBŌ®️ IIZUNAで勤務する社員にスポットライトを当てたいと思っております。 最後までお付き合いいただければ幸いです。 ICT KŌBŌ®️ IIZUNAで働く人たちICT KŌBŌ®️ IIZUNAは2020年4月にICT KŌBŌ®️プロジェクトの最初の拠

          幼馴染が同僚に!? ICT KŌBŌ®️ IIZUNA社員インタビュー

          社会の可能性を広げるデザイン思考

          モノ・コト作りにおけるデザイン思考の概要デザイン思考とは?  デザイン思考は、プロダクトやサービス開発において、ユーザーエクスペリエンス(以下、UX)を中心に捉え、それらの設計プロセスを効果的に進めるための方法論として、様々な企業で活用されています。  デザイン思考のプロセスでは、ユーザーの問題や課題を理解し、それに合わせてプロダクトやサービスを設計・開発していくことが重要視されています。これは次の2つのデザイン思考の特徴で表されます。 特徴①:ユーザーセントリック  

          社会の可能性を広げるデザイン思考

          デザイナーによるプロダクトのための壁打ち会〜LOGINECT®編〜

          こんにちは。TOPPANデジタル・UIデザイナーの中森です。今回は、デザイン組織を創り始めた初期の頃に取り組んでいた「壁打ち会」の紹介と、現在の活動にどう繋がっているかをお話したいと思います! 壁打ちって何?壁打ちは、誰かに話を聞いてもらいながら考えを整理したり、悩みを発散することで課題解決のヒントを得るための取り組みのことです。エンジニアやPMに「もやもや・悩み」のボールを投げてもらい、デザイナーが壁役として受け止め、打ち返すという方法で行っています。 投げてもらうボール

          デザイナーによるプロダクトのための壁打ち会〜LOGINECT®編〜

          【TOPPAN ICT KŌBŌ®️】 グッドデザイン賞を受賞しました!

          こんにちは、ICT KŌBŌ®︎です。 タイトルにもあるように、この度「ICT KŌBŌ®️」は2023年度グッドデザイン賞を受賞いたしました! 「ヒト × DX」を起点とした包括的地域連携を実現するICT KŌBŌ®︎DXによる地方創生が求められる中で、私たちICT KŌBŌ®︎は「都市部」と「地方」をつなぎ、「その土地で働く場」を育成するべくサテライトオフィスを日本全国に5拠点開設しています。(2023年10月現在) ICT KŌBŌ®︎は「COMMUNITY Des

          【TOPPAN ICT KŌBŌ®️】 グッドデザイン賞を受賞しました!

          ポストビッグデータ時代における量子人工知能の利活用と方向性

          概要量子人工知能(量子AI)とは  量子AIとは、処理の一部または全てを、量子状態によるデータの表現や量子回路を用いて行うというAIです。従来のAIにおけるどのような処理を量子状態データや量子回路(量子計算)により行うかについては、現時点では専門家達の間で統一の見解はありません。量子優位性の確立を求めて、学習データやモデルなど、AIの構成要素へ量子計算を適用する様々な研究が行われています。  量子AIにおける量子優位性とは、従来のAIと同様の分類や回帰、最適化などの問題に量

          ポストビッグデータ時代における量子人工知能の利活用と方向性

          ZETAとSPRESENSE™でGPS付き無線センサを作ってみた(後編)

          こんにちは。凸版印刷DXデザイン事業部のZETA・IoTソリューションチーム ”Team ZETA” です。 TOPPANは、メッシュ型次世代LPWA・ZETAを活用し、センサーデバイスからアプリケーションに至るZETAソリューションを展開しています。 今回は、TOPPANが提供する次世代型ZETA無線通信モジュールを搭載したAdd-onボード『ZETA R3 for SPRESENSE(TZS9002P)』を用いたGPS付き無線センサーの作成の後編を紹介します。 前編はこち

          ZETAとSPRESENSE™でGPS付き無線センサを作ってみた(後編)