TOPPAN Digital|DX note

1990年代からデジタルサービスを提供してきた私たちTOPPANは、2021年にDX推…

TOPPAN Digital|DX note

1990年代からデジタルサービスを提供してきた私たちTOPPANは、2021年にDX推進コンセプトを「Erhoeht-X®/エルへ―トクロス」と命名しました。TOPPAN Digital|DX noteは、エルヘートクロスの取り組みや開発秘話、携わる人の横顔などを発信しています。

マガジン

  • TOPPAN DESIGN magazine

    TOPPANデジタル所属のデザイナーによるマガジンです。社内DX、デザイン組織づくり、プロダクト開発、チームを横断した取り組みなどを発信します。

  • デジタルテクノロジー・レポート

    TOPPANデジタルの技術戦略センターでは、変化する私たちの生活に寄与するデジタル技術を予見・整理しています。ここではその技術について作成したレポートを公開しています。

  • 地域とあゆむ ICT KŌBŌ

    TOPPANデジタルの次世代DX開発部隊「ICT KŌBŌ」での取り組みや働き方などを発信していきます。

記事一覧

獣害対策DXの取り組み 凸版印刷 ICT KŌBŌ®️ ARIAKE

こんにちは。ICT KŌBŌ®です。 梅雨明けも間近で、夏がやって来てますね。ICT KŌBŌ®️ ARIAKEが拠点を構える大牟田市も体にこたえる天気が続きますが、暑さに負けず…

データ利活用の可能性を広げる連合学習

連合学習とは概要  連合学習とは、分散機械学習の手法であり、クライアント側の複数デバイスが個別に持つデータを活用してモデルを学習する方法です。各デバイスは自身の…

獣害対策DXの取り組み 凸版印刷 ICT KŌBŌ®️ ARIAKE

獣害対策DXの取り組み 凸版印刷 ICT KŌBŌ®️ ARIAKE

こんにちは。ICT KŌBŌ®です。

梅雨明けも間近で、夏がやって来てますね。ICT KŌBŌ®️ ARIAKEが拠点を構える大牟田市も体にこたえる天気が続きますが、暑さに負けず日々業務に励んでいます。
今回は、獣害DXの取り組み、それに伴うZETAの電波調査について取り上げます!

背景

大牟田市では、イノシシによる獣害が問題となっており、住宅地への侵入や農作物の被害、捕獲数も年々増加してい

もっとみる
データ利活用の可能性を広げる連合学習

データ利活用の可能性を広げる連合学習

連合学習とは概要

 連合学習とは、分散機械学習の手法であり、クライアント側の複数デバイスが個別に持つデータを活用してモデルを学習する方法です。各デバイスは自身のデータを用いて学習を行い、その結果を集約することで共同のモデルを構築します。デバイスからデータを外部に提供しないことで、データのプライバシーを保護しながら、より多様なデータを利用できるため、モデルの精度向上や汎化性能の向上が期待できます。

もっとみる