見出し画像

こんなところにも!秘密のテクノロジー            ~自動認識技術~

皆さんは「自動認識技術」という言葉をご存知でしょうか?

自動認識技術とは簡単に言うと、
「人やモノについているバーコードやICカードなどの情報を、人が一つひとつ確認しなくても、機械が自動的に識別する技術」のこと。

普段の生活の中では気が付きにくいですが、実はいろんなところで活用されている技術なのです。

例えば、スマートフォンの顔認証も自動認識技術です。
朝、寝ぼけた状態でスマホを見て、自動で顔を認識してアンロックしてくれるのは、私も便利で助かっています。笑

忙しい朝に助かる技術

自動認識技術は日々進化していて、私たちの生活をもっと便利にしてくれる存在です。これからますます目が離せない自動認識技術。

トッパンもこの技術をもとに様々な商材やソリューションを提供しています。

本記事では、そんな自動認識技術のなかでも、電波を使った「RFID」に焦点を当てて、私たちの生活でどんな風に活用されているかをいくつか紹介します。自動認識技術を少しでも身近に感じていただけたら嬉しいです!



RFIDってなに?

RFID(Radio Frequency Identification)とは、電波を使って非接触でデータを読み書きする技術のことです。情報を識別するために人やモノにくっつけるもののことをICタグと呼びますが、RFIDはそのICタグを用いたシステムです。

RFIDは電波でデータをやり取りするので、バーコードと違って表面が汚れてたりしても読取りが可能で、電波が届けば何個も同時に読み取ることができます。

当社もRFIDソリューションとして、店舗、物流倉庫、工場など、いろんな場面でのRFID導入を支援しています!

活用例その1:回転寿司の鮮度/精算管理

 回転寿司のお店では、食品の新鮮さを保ったりお会計をスムーズにするために、RFIDが役立っています。実は、寿司皿に小さいICタグがついていて、その中に寿司の情報が埋め込まれているのです。
店内のレーンにはICタグを読み取る機械が設置されていて、どの寿司がどのくらいのペースで消費されているかや、お客さんがどの種類の寿司をよく食べるかが分かるようになっています。
 そうすることで、お店の人たちはお客さんの好みを把握したり、寿司がどのくらいの時間が経っているかによって鮮度を把握しています。
さらに、この技術が活躍するのはお会計時。店員さんが手持ちの機械でICタグを読み取ると、お会計の合計金額がすぐに表示されるようになっています。
 RFIDのおかげで、お店もお客さんも、お寿司の新鮮さを守りながらスムーズにお会計ができて、ストレスなく回転寿司を楽しむことができていますね!
つい、お店に足が伸びてしまうのも納得です。

便利な外食の決定版

活用例その2:化粧品売り場の店頭POPや自動販売機

 ICタグはスマホで読み取れるNFCタグとしても使われています。そしてこのNFCタグは、店頭のPOPで化粧品の紹介をするときなどに活躍するものなのです。
 例えば、POPにNFCタグが組み込まれていると、NFC対応スマホをそのPOPにかざすだけで、簡単に商品情報をチェックしたり、キャンペーンに参加できたりできるようになっています。

その他にも、街中で見る自動販売機にもNFCタグが活用されていて、自動販売機で商品購入後、NFCタグを読み取って購入した商品のバーコードをスキャンすると、キャンペーンに応募できるようになっていたりします。

 つまり、NFCタグを活用したサービスは、メーカー、お店、お客さん同士のコミュニケーションを広げることに役立っています。お客さんは気軽に商品情報を手に入れることができて、お店側も情報を届ける新しい手段として使用できて、お互いにいいこと尽くめですね。
 RFIDの力で、今後のお買い物がもっと楽しくなっていくこと間違いなしです!

街中でよく見かけるこんな風景にも…

活用例その3:アパレル商品管理

 アパレルのお店では、在庫の管理やレジでRFIDが使われています。衣服の下げ札にICタグが内蔵されていて、個々の商品にシリアル番号がつけられています。そうすることで、同じ型番の商品でも一つひとつを個別に識別することが可能になっています。
 皆さんも経験したことがあるかもしれませんが、セルフレジでは商品を置くだけで、すぐに商品の数と会計金額が表示されます。これは、商品を置くテーブルに内蔵された機械が、電波を使ってICタグを一気に読み取っているからなんです。

セルフレジイメージ

 同じように、図書館の自動貸出機でもRFIDの技術が使われており、当社も導入支援させていただいております。本にICタグがついていて、本を機械にかざすだけで借りたり返したりができるようになっています。
 RFIDの技術によって、お店や図書館の業務がとってもスムーズに行われていますね。


おわりに

いかがでしたでしょうか?
自動認識技術の中のRFIDだけをとってみても、世の中のいろんなところに活用されています。
「最近便利になったなぁ」というものの裏側には、さまざまな自動認識技術が活用されているかもしれません。

もっと詳しく知りたい!どんな最新技術があるか実際に見てみたい!という方は、下記「自動認識総合展」へのご来場をぜひお待ちしております!!

トッパンのRFID事例もチェックしてみてくださいね。

国内唯一の自動認識技術、ソリューションの専門展示会です。
当社も、DX推進コンセプト「Erhoert‐X®」に紐づくIDソリューションやリモートソリューションを多数出展いたします。
気になる方はチェックしてみてくださいね。
会期: 2023年9月13日(水)〜15日(金)10:00〜17:00
会場: 東京ビッグサイト 東ホール
主催: 一般社団法人日本自動認識システム協会


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!